ピルは通販が値段が安い

卵巣がん・卵巣のう腫の予防

卵巣のう腫や卵巣がんなどの卵巣の病気になる女性が増加しています。

 

卵巣はとても小さな臓器で子宮の左右に1個ずつありアーモンド粒程の平べったい形をしています。女性は生まれたときか卵巣の中に数百万個もの原子卵胞をもっています。

 

卵巣は思春期を迎えるころから女性ホルモンを分泌し周期的に卵巣を育てて排出します。

 

排卵のメカニズム1

卵巣内の卵胞が発達

排卵のメカニズム2

卵胞が破裂する

排卵のメカニズム3

卵巣から卵子が飛び出る

排卵のメカニズム4

破裂した卵胞の殻が修復される

 

上記が毎月繰り返され卵巣が刺激を受け負担がかかるのが腫瘍ができる原因ではないかと言われています

 

現在の女性は初潮も早く子供を産む回数も少ないので卵巣が休まず働き続けている状態になり大きな負担がかかっています

 

卵巣にできる腫瘍

 

卵巣にできる腫瘍は、大きく分けて『卵巣のう腫』『充実性腫瘍』です。

 

『卵巣のう腫』は、卵巣の中に分泌物が貯まり腫瘍ができ触ると柔らかいのが特徴で卵巣腫瘍の約80%は卵巣のう腫で、その多くは良性です。年齢は幅広く10代から80代までの女性に見られます。

 

『充実性腫瘍』は、細胞や組織が増殖し硬いコブのようになる腫瘍で触ると硬く、卵巣腫瘍の約20%を占め、悪性のものか『卵巣がん』です。

 

40代以降に多くみられ卵巣がんは、10万人に約5人と発生率はすくないものの、死亡率は50%と高いのが特徴になっています。

 

卵巣をピルを飲むことで休ませてあげよう

卵巣をピルで休ませる

ピルを服用すると卵巣がんの発症率は下がる・子宮筋腫の治療にも使われています。(日本産婦人科学会)

 

ピルを服用することで排卵自体が起こらなくなるため、卵巣の負担が減り、その結果卵巣卵巣がんの発生がしにくくなる、卵巣のう腫も同じ効果があります。

 

健康な女性でも卵巣は生理を繰り返し負担がかかっています。ピルを飲む飲むことによって卵巣を休ませてあげることができます。卵巣を休ませてあげることは将来の妊娠力にもつながるのです。

ピル通販比較

 

ピル通販値段比較トリキュラー

 

ヤスミン値段最安値比較表

低用量ピル値段


卵巣がん・卵巣のう腫の予防|ピルとは|避妊以外に女性力UPの低用量ピル通販で値段も安い記事一覧

卵巣腫瘍の手術の判断

医者が患者さんに卵巣腫瘍の手術を進める理由は、悪性化良性化を確実に診断するのが難しいということです。二番目に理由は茎捻転と言って卵巣腫瘍がねじれてしまうと、急激な腹痛を起こし緊急手術をしなければならなくなり、その場合は良性の卵巣腫瘍でも、卵巣ごとにとらねばならなくなる可能性があります。様々な診断方法...

≫続きを読む